二階堂ふみはいつからヴィーガン?実はペスカタリアンだった!

ドラマに映画に大活躍の二階堂ふみさん!

最近では韓国の俳優、チェ・ジョンヒョプさんと共演したドラマ「Eye Love You」が話題でしたね!

そんな二階堂ふみさんですが、菜食中心の生活をしていることを公言しています。

では、いつから実践しているのか、またそのきっかけは何なのか。

本記事では、二階堂ふみさんが菜食主義の理由や背景についてご紹介いたしますので、ぜひ最後までお読みください!

目次

そもそもヴィーガンって?

野菜やサラダ
引用元:セルフオーダーシステムcherpa

ヴィーガン(Vegan)とは、「完全菜食主義者」とも訳され、肉や魚、乳製品などの動物性食品を食べない人のことを指します。

また、レザーや羽毛といった動物が由来となっているモノを消費しないといったスタイルのことも指します。

ヴィーガンになる理由は様々あるようですが、主にこちらが代表例のようです。

  • 動物保護のため
  • 環境問題への取り組み
  • 健康のため

では、二階堂ふみさんはどういった理由で菜食主義になったのでしょうか。

次でご紹介いたします!

二階堂ふみがヴィーガンになった理由は?正確にはペスカタリアン?

二階堂ふみさん
引用元:ENCOUNT

彼女がヴィーガンとなった理由は、動物愛護の精神が強いことが考えられます。

そのきっかけは、2014年頃にフェレットと暮らし始めたことのようです。

二階堂ふみさんは、フェレットに対して、「こんなに感情豊かで、美しい生き物がいるんだ」と驚かされたようです。

それと同時に、自分自身が動物の素材でできた衣装などを普通に身に着けていたことに対して、自分は「搾取する側にの人間だ」ということに気づき、罪悪感を抱くようになったそうです。

そのことから、どうすれば人間とそれ以外の動物が共存していけるかということを、実生活で考えるようになったとのこと。

引用:デイリーニュースオンライン


ではここで一点訂正ですが、彼女はヴィーガンでなく、正確には「ペスカタリアン」のようです!

保護犬を迎え入れるなど、動物愛護活動にも熱心。そして、行き着いたのが“菜食主義”という選択肢だった。

畜産肉を控える菜食中心の生活を送っているみたいですね。

本人は“ペスカタリアン”であると公言していて、魚介類は食べる菜食主義者だそうです。

一時期は、衣服についても動物性のものはいっさい身につけないほどストイックになっていたと聞いています」

引用元:週刊女性PRIME

ペスカタリアンとは?

野菜や魚
引用元:Spaceship Earth

ペスカタリアンとは、ヴィーガンと同じく肉類は食べないが、卵や乳製品、魚介類は食べることの人を指します。

つまり、食の制限をしていない人とヴィーガンとの間の位置づけになる人といった感じですね。

日本のタレントでは、ローラさんや藤原史織(元ブルゾンちえみ)さん、お笑い芸人の小籔千豊さんがペスカタリアンを実践されているようです。

二階堂ふみがペスカタリアンになってどうなった?

二階堂ふみさん
NEWSポストセブン

ペスカタリアンとしての生活は彼女の身体に合っているようで、以前より風邪や肌荒れをしにくくなったとインタビューで語っていました。

ファーマーズ・マーケットや生産者から無農薬野菜を自分で購入し、黒酢で炒めたり、野菜の皮から出しを取るなど、
動物や環境のことを考えて行動しているようです。

そもそも彼女は美意識が高いのですが、このペスカタリアンの実践も美容に一役買っているようですね!

菜食主義がゆえの「VIVANT」での裏話

2023年に空前の大ブームを巻き起こしたドラマ「VIVANT」では、モンゴルでのロケが2ヶ月半続いたようです。

モンゴルでは羊肉と乳製品がメインです。

つまり、ペスカタリアンである二階堂ふみさんにとっては過酷な環境であったようですね。

「モンゴル料理は基本的に羊肉と乳製品がメインで、野菜料理がそもそも少ないんです。

二階堂さんは“食べられるものがない……”と嘆いていましたよ。

そのため、肉がNGな二階堂さんと現地スタッフのために、ベジタリアン向けの特別メニューが用意されていました」

引用元:週刊女性PRIME

彼女の菜食主義に対するストイックさが伺えますね!

まとめ

今回は二階堂ふみさんが菜食主義となった背景について調査しました!

正確にはヴィーガンではなくペスカタリアンでしたね!

過酷な海外のロケにおいても動物愛護や、環境保全の信条を崩さずに一貫する姿勢は、彼女のストイックさを表していますね!

今後の彼女の活躍が楽しみです!

では、ここまでお読みいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次